« メルヘンハウス | トップページ | <26>不幸中の幸い »

車中での出会い

うつわいlog へようこそ

夫が作った器や作品の紹介と、名古屋での日々の暮らしを綴っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングに参加しております。

ランキングのカテゴリーを「ライフスタイル」から「地域情報(東海)」へ引っ越しました。

名古屋を中心に東海地区のグルメ・お出かけ・イベント情報満載のランキングです。

1クリックとともに、ぜひご覧下さいね~

人気ブログランキング

↑↑↑ 応援の1クリック、よろしくお願いします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<26> 車中での出会い

「ユーロスターのドアは自分でボタンを押して開けるのだ」ということを知らず、降りるべき駅で降りれなかった私たち

今回は、

数時間の間、電車が止まったり、進んだりしていたので、本当に停車したのかわかりにくかったこと、

駅のホームに乗車客がいなかったこと、

車掌さんの検札がなかったこと、

アナウンスがなかったこと、

ドア前で一緒に待っていた方も開け方を知らなかったこと、

などなど、いろいろが重なっての降り損ねですが、悔やんでも悔やみきれません。

へなへなとスーツケースにもたれかかる私を見て、路線地図を持っていた白人のお姉さんが声をかけてくれました。

事情を話すと、とても同情して、力になろうとしてくれて。

地図を広げ、私たちが行きたい町の場所を伝えると、次の駅で折り返すのがベストと勧められました。

次の駅はフィレンツェ、1時間ちょっとかかるとのこと。

・・・1時間かぁ。

「フィレンツェから折り返しの電車はどれくらいあるか」と聞くと、「1時間に1,2本はある」とのことでしたが、車種は同じユーロスターだと。

「それじゃあ、ストで動いていないかもしれないよね・・・」と、お互い微妙に沈黙。

お姉さんは「きっと大丈夫」と、紙に電車の時刻と車番を書き出し、私にくれました。

この時刻通りに運行しているかどうかはともかく、気持ちがありがたかった。。。

私たちはメモを見つめ、深いため息。

レセプションに出るためにイタリアまで来たのに、一番の目的が達せられないなんて・・・、あぁ~。

連結部のドア前に立ったまま、二人無言で外を見てました。

客室を見ると、さっきまで私たちが座っていた指定席にはもう若者たちがガヤガヤと陣取っていました。

何しろ、車掌さんの検札がありませんから、電車内は座りたい放題、移動したい放題で。

そういうのを見て、ますます複雑な思い。

憤りに、不安、後悔に、情けなさ、申し訳なさ、いろいろがいっぱい。

今、思い出しても胃のあたりがキューンとします。

どれくらい経ってからかなのか覚えていませんが、路線図のお姉さんが客室からわざわざこちらへやってきてくれたのです。

何だろう?

『この人たちが同じ方面に行くから、フィレンツェに着いたら一緒に移動すると良いわよ。』

え? 同じ方面?!

そういって、紹介されたのが先ほど一緒にボローニャ駅で降り損ねたドイツ人夫妻。

なんて奇遇、乗り換える電車も同じ方面だなんて。

さらに、ご主人の方は別の車両からより詳しい電車の時刻をゲット。

なんて頼もしい。

お互いの行き先を話し、私たちはレセプションに向かう途中だということも伝ると、

『パーティが遅くまでやっていることを祈るよ。』

と言って下さり、深くうなづいたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もありがとうございます

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« メルヘンハウス | トップページ | <26>不幸中の幸い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メルヘンハウス | トップページ | <26>不幸中の幸い »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お問い合わせ

器と作品

  • 091018_22
    ブログで紹介しました器と作品を中心にまとめてみました。 写真をクリックすると、アップでご覧になれます。

花 

  • 黒蝶
    ブログで紹介しましたお花を中心にまとめてみました。 写真をクリックすると、アップでご覧になれます。
無料ブログはココログ